転職、社業を勉強するなら現実的な方法を学ぶ。

経済新聞は実践の役に立たないかも。業界紙の記事を覚えるということは、まとまりの無いものを乱雑に、自分の頭に詰め込むだけです。上司やお客様との会話に、経済の専門用語をむやみに織り交ぜて会話しないで下さい。友だち同士なら構いませんが。 自分のことを前後のみさかいもなく知識をひけらかす人と思われてしまいます。お客様に対して、自分への劣等感は自分への反感になりかねません。知識を詰め込む目的は、知識を使うためですよね。知識を覚えることが目的で業界紙を読まないで下さい。
むやみにお客様の知らない専門用語を使わないで下さい。お客様に恥をかかせるようなことは絶対に避けるべきです。

キャリア・サポート 若い女性の笑顔 転職のサイト

本屋で仕事関係の本を買うなら。具体的に実践できそうな事を書いてある本が良いです。 特に良くないのが、今の大成功者の自慢話を書いてある本だと思います。実践的な本とは。例えば、税務関係の本です。 会計担当でなくても、大いに役立ちます。 ビジネスが動くとき、それは人が動くときです。 その時は必ず、資金が必要になります。 交通費、事務費、その他。 そんなとき、会社の会計が喜ぶ処理の仕方があります。 また、書類の作り方で、税金が安くなることもあるのです。 会社のために支出したのだから、税金のことは関係ない、というのは、傲慢すぎる考え方と見られます。


■以上、転職、社業を勉強するなら現実的な方法を学ぶ。の記事でした。

日総工産の転職情報、記事一覧

転職、日総工産。会社では笑顔を、明るい所に福が来る。

転職、日総工産。上手にする。

転職、日総工産。仕事と残業。サービス残業と相談。

転職、日総工産。転職者向け、社内研修とテーマ。

転職、日総工産。現在と仕事の内容。紹介説明と相違。

転職、日総工産。入社しないと分からない、入社退社の多い会社。

転職、日総工産。重すぎる、周りの期待が強すぎる。

転職、日総工産。意欲十分なのに仕事の決定権が存在しない問題。

転職、日総工産。転職は正しいか?こんな仕事やってられないよ!

転職、日総工産。給与以外の無いに等しい社員優待。

転職、日総工産。習慣化した超過勤務。整理がつかない。

転職、日総工産。再就職した矢先、入った会社が左前に。

転職、日総工産。間がさした?危険が存在。

転職、日総工産。慎重な転職で、素敵に人生を歩む。

転職、日総工産。自分にあった係りで、しっかりと生きよう。

転職、日総工産。いつも素直に、格好良い仕事を貰う。

転職、日総工産。社業を勉強するなら現実的な方法を学ぶ。

転職、日総工産。職場の発展に協力。会社全体の利益を大事に。

転職、日総工産。企業内派閥は、善悪は誰にも分からない。

■転職、日総工産。上司に親切に、良くない手先は避ける。