コーヒーミル。コーヒー豆を挽き立てに、

ザッセンハウス 手挽きコーヒーミル 169
根強い人気のザッセンハウスの珈琲ミルは名品。持っているだけで自慢になる。品質を誇るザッセンハウス社の手挽きコーヒーミル。珈琲ミルの代名詞。価格は国産と比べて著しく高価。安物を買ってから乗り換えると、安い品を買った分、高くつくことに。品質のものを買うのが、予算のある方には、もっとも安いやり方ではないでしょうか。
珈琲豆を挽く歯は、命です。国産の特に歯は、コーヒーを挽く時に熱を与えます。その結果、コーヒーの風味をそぐことになる。伊達に高いわけではない。
容量ホッパー/60g 引き出し/50g
本体幅195奥行150高さ238mm
重量1100g

元気な朝、香るコーヒー 笑顔の女性 安全 楽しい 学校 生活

コーヒーの出し方は
焙煎される前のコーヒー豆は緑色に近いです。焙煎して、水蒸気を飛ばし、深い茶色になります。これを抽出するために、顆粒状ないし粉状に小さく挽きます。この工程がコーヒーの粉砕です。
粉砕には古くは乳鉢や石臼などが使われました。今は、輸入商社と直結した専門のコーヒ焙煎業者がコーヒーミル、コーヒーグラインダーを使って、自由な大きさに粉砕します。
コーヒーは粉の大きさに応じて、細挽き、中挽き、粗挽きと呼ばれるが、大型の機械では、さらに用途や、コーヒーの種類、抽出機器により、さまざまな大きさの粉砕が可能です。
最近流行のエスプレッソでは極細挽きが好まれる。
これは手間がかかるので万人向きに、スーパーやギフト用、あるいはファミリーレストランでは専門の工場で粉砕し、窒素充填包装などで流通販売されます。

■コーヒーの種類■
コーヒーの種類は大別して次の2つです。
アラビカ種、ロブスタ種
アラビカ種は世界の約8割、残り2割はロブスタ種です。
それにリベリカ種があるそうですが、リベリカ種は生産量も全体の1パーセント未満で、木も弱く、品質も良くないとされています。
東京商品取引所の取り組み高は、アラビカ種が圧倒的に多く、時にアラビカ種は先物で一日1万枚以上の大取引となることもありますが、ロブスタ種では多くて数百枚(先物一日当り)程度です。また、取引所価格では、アラビカ種の方が市場価格は常に上という傾向が続いています。
■アラビカ種のコーヒーはエチオピア原産。
以下の代表的な銘柄があります。
ブルーマウンテン、コナ(ハワイ)、モカ、マンデリン、
■ロブスタ種のコーヒーはコンゴ原産。
安価なレギュラーコーヒーに混ぜられたり、インスタントコーヒーの原料にも。木は病虫害に強く、高温多湿の厳しい気候に耐える。収量が多く、カフェイン含量が多いとされる。
品種としては、コロンビアなど。


■以上、コーヒーミル。の記事でした。

ザッセンハウス・珈琲ミル カテゴリーの記事です

コーヒーミル。ザッセンハウス、156MA。珈琲を出す方法
コーヒーミル。ザッセンハウス、156BU 白木。珈琲を出す方法
コーヒーミル。ザッセンハウス、175M。珈琲を出す方法
コーヒーミル。があれば、挽き立てのコーヒー豆で、喫茶店
コーヒーミル。コーヒー豆を挽き立てに、コーヒーショップ
電動コーヒーミル、カリタコーヒーミルで、コーヒー豆を楽々粉砕。

このグループのカテゴリーリスト
■製造メーカー別カテゴリー集 (カリタ、ザッセンハウスなど)
ハリオ・ミル、焙煎器
カリタ・コーヒーミル
メリタ・コーヒーミル
デロンギ・エスプレッソ
サエコ・コーヒーマシン
プジョー・コーヒーミル
ザッセンハウス・ミル
輸入コーヒー用品

その他のカテゴリー集

■珈琲の知識カテゴリー集 (珈琲の楽しみ方、コーヒーの種類など)
コーヒーを楽しく。素敵生活
コーヒーはお茶の次に重要な飲み物。楽しみ方から、物語まで、他

■用途別珈琲用品カテゴリー集 (ミル、エスプレッソ、珈琲豆など)
コーヒーミル・手挽き
コーヒーミル・手挽き。ザッセンハウス 175M、入試戦争。、他
コーヒーミル・電動
コーヒーミル・電動。サエコ 専用 小型グラインダー、映画鑑賞の余韻。、他
全自動コーヒーマシン
コーヒー・エスプレッソマシンサエコ モジュラーイデア カプチーノ、デートの残り香。、他
エスプレッソ・コーヒーメーカー
コーヒー・エスプレッソ、カプセル式。ネスプレッソ C190YWJイエロー、映画鑑賞の余韻。、他
コーヒー・ドリッパー
水出しコーヒーハリオ ポタ、心の疲れを癒す。、他
コーヒー焙煎器
コーヒー焙煎器ロースター レトロ、入試戦争。、他
コーヒー豆
コーヒー豆モカマタリ9 1kg、心の疲れを癒す。、他