ホーム  >  ネット起業、アフィリエイト、eBOOK作成、メルマガ発行の体験談  >  eBOOK 目次を作る WORD2003を使う。

eBOOK 目次を作る WORD2003を使う。

eBOOK 目次を作る WORD2003を使う。

eBOOKの原稿が出来たら、これを体裁良く仕上げましょう。もし、パソコンにマイクロソフト・ワードがインストールされているなら、WORDを使って比較的簡単に仕上げます。
(原稿を書くのは、テキスト・エディターが便利です。軽くて早い)

さて、もしこんな感じの原稿でしたら、以下。

第一章 eBOOKは何故高い。

最近は、ネットビジネス関係のノウハウ書の作成と販売が、大流行。それは、とても儲かるビジネスだから。昔は、週刊誌掲載とか、自費出版しか道は無かった。それが、インターネットで個人も気軽に・・・。

(1)ネットビジネスの山師たち。
彼らは、原稿さえ作らなくなった???。そうなのだ、何処からか買ってきたeBOOKを丸○しし、適当に・・・。

(2)信頼できるマーケッターは何処に隠れているのか
実際には、見分けが付かなくなっている。例えば、inforeview.net などでは、色々なeBOOKの感想文が投稿されているから、参考にはなるだろう。ところが、販売者は、最初の数週間経過後は、「値上げする」と宣言し、期間が過ぎたら、2倍近い価格になってしまうことも、素人には難しくて、かつ悩ましいこのたのです。

■これをワードで作ります。
そして、

第一章 eBOOKは何故高い。
の行にカーソルを置き、この行の文全体を反転表示させます。そのままの状態で、ディスプレー上部の、ツールバーの見出しをクリックして一覧表示させ、「見出し1」を設定します。

同じようにして、次の行をクリックして、今度は「見出し2」を設定します。
(1)ネットビジネスの山師たち。

同じようにして、次の行をクリックして、今度は「見出し2」を設定します。
(2)信頼できるマーケッターは何処に隠れているのか

■一度、文書を上書き保存します。

■次に、目次を作ります。
文書で目次を置きたい場所(表紙の次のページなど)をクリックして、最上部のツールバーの、挿入をクリックします。参照(N) → 索引と目次(D) → 目次タブをクリックして → OKをクリック

■目次を更新する。
目次の内容(見出し又は、原稿の内容を変更)が変われば、目次を更新する必要があります。これは、簡単です。
目次の上で、右クリックして、フィールドの更新(U)をクリックします。
ページ番号だけを更新する、又は、目次すべてを更新します、のどちらかを選択します。

これで出来ます。上書き保存します。必要ならば、別名で保存します。とにかく、面倒ですが頻繁に保存し、また保存ファイルも複数あったほうが安全です。
(注。サンプルで書いた記事の内容については気にしないで下さい。)